神戸の中華そば

もっこす

1977年10月15日 神戸大倉山。

現社長の父である内田哲郎始動により

『神戸の中華そば もっこす』が誕生しました。

神戸で生まれ、神戸の皆さまに育てていただいた

『もっこす』。

神戸っ子なら誰もが一度は見たことのある㋲マークでお馴染みのラーメン店です。

01_soup_01.jpg

頑固者のこだわり

屋号『もっこす』は、創業者の出身地 熊本の方言「肥後もっこす」からきています。意味は「頑固者」。

お客さまを笑顔にしたい!

美味しい中華そばを作ることに強い拘りを持った頑固者が、試行錯誤を重ねたうえ完成させた、食べた人を笑顔にする究極の一品。 

化学調味料は使わない!

圧力釜に、玉葱・キャベツ・干し椎茸などの野菜と豚足・豚皮など入れ

じっくり時間をかけて食材の旨味を抽出、そこに熟成した醤油だれを合わせると、もっこす豚足しょうゆスープが出来上がる。

少加水の自家製ストレート生細麺を組み合わせ、

ガツンとチャーシューにしっかりと盛られたもやしとネギ

これぞもっこす拘りの『もっこすの中華そば』

店内だと無料で楽しめるトッピングも魅力

にんにくチップ・おろしにんにく・ニラコショウ・ラー油、

それに沢庵もありますよ。

もっこすを通じて繋がる絆。もっこすのある所に笑顔あり!!

お客さまのお腹を満たし、心までも満たす。

そんな存在であり続けるために、頑固者は今日も頑張っています。

 

神戸から展開

もっこすは、神戸の大倉山に総本店を構え、直営店とフランチャイズ店をあわせて、西宮から明石までの間に14店舗を展開しています。

店舗一覧はこちら >

ここでしか味わうことができない味を目指して。

もっこすラーメンは神戸っ子たちのソウルフード

こってりと濃厚な豚足醤油スープに硬めのストレート麺、自家製チャーシューがたっぷり乗せられたボリューム満点の「もっこす中華そば」

「神戸のラーメン屋さんといえば?」と聞くと『もっこす』の名前をあげてもらえるようになり

神戸っ子には「神戸のソウルフード」と言ってもらえる事も多くなりました。

深夜遅くまで営業しているので、飲んだ後の〆の定番にもなりつつあります。

home_main02.jpg

もっこす創業者からのあいさつ

ラーメンに託した思い、これかれも愛されるお店であり続けるため、日々もっこすの中華そば作りに注力しています。

 

“いつまでも変わらない、みなさんに愛されるうまいラーメン屋であり続けます。”

moccos03.jpg

会社概要

社名:もっこす食品株式会社

本社:〒657-0851 兵庫県神戸市灘区味泥町8-25

代表取締役社長:内田 阿ソ彦

創立:2007年(平成19年8月)

事業内容:食品加工卸業

社名:もっこすフーズ株式会社

本社:〒650-0017 兵庫県神戸市中央区楠町2-5-11

代表取締役社長:内田 阿ソ彦

創立:1977年(昭和52年10月)

事業内容:ラーメン専門店